潤静はなぜ高い保湿力と浸透力があるのかその効果をご紹介!

潤静の効果

保湿効果が抜群で、赤ちゃんから大人まで、敏感肌からアトピー肌まで使用できるという「潤静(うるしず)」。低刺激の高保湿ローションとのことですが、一体どのぐらいの効果があるのでしょう。

 

潤静の効果についてご紹介していきたいと思います。購入前にぜひ参考にしてみてください。

 

潤静の効果について

乾燥する季節、子供の肌は、肌トラブルが起きがちです。お肌はバリア機能の働きによって、守られています。ところが、このバリア機能が低下することにより、肌トラブルが起きてしまいます。

 

ですからバリア機能が低下しているお肌には、刺激の少ないお肌に優しい成分のものを使用してあげることが大切です。そこで効果的なのが、潤静というわけです。完全無添加で、植物由来エキスが98%と嬉しい成分です。

 

潤静は、高い保湿力と浸透力効果が期待できると高評価です。なぜ、そんなにも嬉しい効果が発揮できるのでしょう。効果がある理由を探っていきましょう。

 

効果@超高分子PGAポリグルタミン酸が配合されています。潤静が初めて化粧品として配合している成分です。超高分子PGAポリグルタミン酸とは、納豆菌が作るネバネバのことです。

 

これが、保湿力やバリア機能を取り戻してくれる効果を発揮してくれます。1度取り込んだ水分を蒸発させません!ですから水分がお肌に定着しやすく、乾燥肌を潤った状態にしてくれる効果があります。

 

超高分子PGAポリグルタミン酸が、驚きの浸透力と保水力を実現させてくれています。化粧品に応用することで、ぐんぐんと浸透して、長時間潤いを保ってくれます。11時間後でも95%のみずみずしさを維持しています。

 

効果A3種のセラミド(セラミド2、セラミド3、セラミドU)が配合されています。元々、人の角質層に含まれている成分「ヒト型セラミド」が配合されていて、お肌が弱い人でも安心できる保湿成分となっています。刺激も少ないので安心ですね。

 

3種のセラミドは、潤いを保持させてくれて、外部の刺激からお肌を守ってくれるバリア機能をアップさせてくれる効果があります。

 

効果Bキハダ樹皮エキスが配合されています。消炎・収れん作用、抗菌作用、お肌の引き締め効果があります。お肌清潔に保ってくれるキハダ樹皮エキス、メーカーの推奨量の4倍も配合されていますよ。

 

効果C発酵プラセンタは、酵母菌で発酵させたプラセンタです。発酵することで、プラセンタの中でとても重要な成長因子の量が倍増するそうです。

 

成長因子がアップすると、コラーゲン生成を促すアルギニン、保湿効果をサポートするグルタミン酸、美容効果が高いシスチンのアミノ酸がアップします。美容にも健康にも嬉しい効果がアップするということですね。

デリケートなお肌にぴったり

どうでしたか?潤静が妥協を許さず開発した美容液だということがわかりましたね。お肌のデリケートなお子さんから、敏感肌の方まで安心して使用出来る保湿剤です。

 

添加物も一切使用していないので、さらに安心ですね。表面だけではなく、内側、肌そのものを潤してくれる効果、バリア機能を整える効果が抜群です。どんな保湿剤を試しても効果がないという方、ぜひ潤静で嬉しい効果を実感してみませんか?

 

>>潤静の最安値はこちら