潤静の全成分をご紹介!

潤静の全成分

乾燥する季節になると、子供も大人もお肌が痒くなったりと肌トラブルが絶えませんね。赤ちゃんから大人まで使える潤静(うるしず)は、とってもオススメですよ。アトピー肌の方でも使えると、雑誌やメディアでも話題です。

 

そんな潤静ですが、どのような成分が配合されているのでしょう。潤静の全成分は、安心できるものを使っているのか気になりますね。赤ちゃんから使えるとのことだし、全成分安心できるものだと感じますが。早速、潤静の全成分をチェックしてみましょう。

 

潤静の全成分について

公式サイトには、潤静の全成分一覧表が掲載されています。全成分を見ていると、植物エキスや安全な成分だということが分かります。

 

潤静は、98%が植物由来エキスで作られているので、全成分が安心できるものです。完全無添加ですから、より安心できるのではないでしょうか。ここでは、全成分の中でも、主にサポートしてくれる成分をご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

 

@ポリグルタミン酸:超高分子PGA(納豆由来の成分で、ネバエバを作り出すもの)が配合されています。超高分子PGAは、とても高い保湿力です。水分を取り込んだら、蒸発しないように肌表面に膜を作り、外部の刺激からお肌を守ってくれます。

 

A3種類のセラミド(セラミド2、セラミド3、セラミド6U):元々は、人の肌に含まれている成分です。「ヒト型セラミド」が配合されていて、刺激が少なく安心できる保湿成分となっています。

 

お肌の内側で潤いを保ち、外側からの刺激からお肌を守ってくれるバリア機能をサポートしてくれる成分です。

 

Bキハダ樹皮エキス:キハダ、同属植物の樹脂から抽出されるエキスとなっています。お肌を落ち着かせる効果があり、自然の力によりかきむしり肌を整えてくれます。潤静が黄色いテクスチャなのは、キハダの天然の色から出ています。

 

C発酵プラセンタ:プラセンタはよく聞きますが、発酵プラセンタとは?発酵プラセンタは、たくさんの有効成分プラセンタを酵母菌で発酵させたプラセンタのことです。発酵することにより、プラセンタの中でも、とっても重要な成分がアップされるのです。

 

その重要成分というのが、成長因子です。成長因子がアップすることにより、美容効果、健康効果が高まり、嬉しい効果が期待できるのです。

 

どうでしたか?全成分の一部ですが、この他にも11種類の植物由来の天然成分が配合していて、強力にサポートをしてくれています。しかも、お肌に悪いと言われている添加物を一切使用していないところもポイントが高いですよね。

 

特にお子さんに使用するとなると、そういった点は一層気になるところでもあります。潤静は、合成化学成分を使用していないとの事ですから、安心して使用する事ができるのは嬉しいですね。

 

また、潤静独自のバリアキュア処方で、特にポリグルタミン酸は化粧品として初めて潤静が配合しています。全身に使えて、肌トラブルを防いでくれる美容液潤静!全成分安心できるものしか配合されていませんので、ご安心ください。

 

>>潤静の最安値はこちら